月刊Bestピープル考。〜ヒトから見る、新たな向こう側〜


これからの「自分探し」の話をしよう「叶える、18〜23歳の365日過ごし方。」

『BBM編集長』
土井英司(どいえいじ)氏


◆PROFILE
’74年生まれ。出版マーケティングコンサルタント/ビジネス書評家。 エリエス・ブック・コンサルティング代表取締役。読者5万人以上抱え、各メディアが注目する日本一ビジネス書を売る書評家。
HPはコチラ

◆RELEASE
「超」ビジネス書講義
1,050yen/NOW ON SALE

「彼の言動が、未来を動かす」。ビジネスマンを中心に、各業界のリーダーたちが注目するカリスママーケターによる独占インタビュー。 5月末、最新著書『「超」ビジネス書講義』を発売して早くも大ブレイク。多忙な日々を過ごす氏から、目からウロコの至極のメッセージが届いた。 読まずに死ねるか? 「前に進みたい」若者たちに、武器としての思考力を与える。

夢も希望もないというバイトばかりの学生は、結局、アナタの心が冷めていて「何も知らない」からだ。

これからの「大学生活」の話をしよう


Q1 夢も希望も見つからない迷える学生たちへ、まず第一歩は何をすべきでしょうか?

「夢や希望、やる気は“憧れ”や“余地”を見つけることから生まれるもの。今いる場所で“憧れ”も“余地”も見つけられないなら、旅に出ましょ。 今までやったこともないもの、ネットで調べて行くんじゃなく、世界地図を頼りに何となく目的地を決める、そんな旅の方がいい。 僕自身、大学時代に留学したギリシャから多くを学びました。地球が青いかどうかは、地球の外に行かなければわからないことなのです」

Q2 個人主義に疲れ、再び全体主義の絆を求める社会が今求める学生像は?

「みんなのために何かおかしいと思うことを、勇気を持って言ってみる。みんなの幸せにつながるプロジェクトを立ち上げる。そんな自然な第一歩を踏み出せる人がいい。 今や上場企業となったクックパッドの創業者・佐野陽光さんは大学時代の同期ですが、彼は大学時代、就職活動もせず、キャンパスの裏で野菜を作っていました。 食が人を幸せにする、という信念があったから、就職できなかったらどうしよう、という恐怖に負けずに済んだわけです。
また、イギリスの首相だったチャーチルは、『お金を失うことは小さく失うことだ。名誉を失うことは大きく失うことだ。 しかし、勇気を失うことは全てを失うことだ』という名言を述べました。自分の損得よりも、名誉よりも、全体の幸福につながることを、勇気を持って実行できるか。 今はあなたのリーダーシップが問われている時代なのです。
もう一つ。あなたは、運転していて道路の真ん中に大きな段ボール箱が落ちていたら、車を停めて、段ボール箱をどける人ですか? それともよけて進んでいく人ですか? 車がいちいち段ボールをよけていると、事故も起こりやすくなるし、燃費も多少ながら悪くなります。 自分がいちいち車を停めて段ボールをよけるのは面倒なことですが、全体のために正しいことは、時として個人には正しくないものです。ぜひ面倒を買って出る人になりましょう」

大逆転が起きる「革命の時代」の到来で……


Q3何が残り、何が落ちるか業界の見極めが必要ですが、若者が狙うべき業種・業態は何だと考えられますか?

「これからの時代の人々の幸福に資する業種・業態でしょう。 今は、人々は安心して暮らせるクリーンエネルギーや、安心して働ける職場、何かあった時に助け合える環境、安全な食べ物などを求めています。 これらを提供する企業で働くといいでしょう」

Q4 若者が「自分の哲学」を持つために心がけるべきことは?

「Philosophy(哲学)の語源は、ギリシャ語のPhilo(愛)+Sophia(知)です。自分が知りたい、究めたいと思う気持ちが、洞察や哲学につながる。 損得や政治が間に入ると、目が曇ってしまいますが、知を愛する気持ちがあれば、自ずと真理が見えてきます。
具体的なトレーニング方法としては、何事にも『なぜ?』と問う習慣を身につけること。そのためには、歴史書や科学書を読むことをオススメします。 ちなみに塩野七生さんの『ローマ人の物語』の冒頭の問いは、こういうものでした。
『知力では、ギリシア人に劣り、体力では、ケルト(ガリア)やゲルマンの人々に劣り、技術力では、エトルリア人に劣り、経済力では、カルタゴ人に劣るのが、自分たちローマ人である。 それなのに、なぜローマ人だけが、あれほどの一大文明圏を築き、長期にわたって維持することが出来たのか』。 『なぜ?』と問う問題意識は、真理を引き寄せるのです」

スペインの失業率(25歳未満50%!)は、日本の未来か? 自ら雇用を生み出す時代


Q5 こんな時代だからこそ就職先を真っ先に考えるより、先に起業を目指すべきでしょうか?

「起業して成功する確率はとても低いので、全ての人にはオススメしませんが、雇用を自分で作る心意気は必要だと思います。 僕の先輩で、Oさんという女性がいましたが、彼女はもう新規採用をしていない会社に、こう言って入社したのです。『給料は自分が稼いだ中から出して頂ければ結構です』。 こんな人を雇わない会社はありませんね。起業家精神を身につけるのに役立つ本は、ユーザー数1億6千万人を誇るお仕事専用SNSリンクトインを創業した、リード・ホフマン氏の『スタートアップ!』。 米シリコンバレーの起業家たちの事例を引きながら、一生仕事に困らない考え方を説いています」

ロールモデル不在時代に、あえて目標の人物探しをする


Q6 18〜23歳の若者たちが目指すべきロールモデル(人物像)は誰でしょうか?

「フランス革命を指揮したナポレオンでしょう。学生および若手社会人が彼から学ぶべきは2つあります。
1つ目は、陸軍士官学校時代、彼は当時花形だった騎兵科ではなく、砲兵科を選んだこと。のちにナポレオンは大砲を戦いに持ち込んで、勝利を重ねます。 これは、アップルの創業者、スティーブ・ジョブズがカリグラフィーを学び、それがのちに優れたデザインにつながった話と通じるものがあります。
そして2つ目は、彼がエジプトで敵前逃亡罪、国家反逆罪に問われるリスクを冒して、祖国のために舞い戻り、クーデターを起こしたこと。 全体の正しさのためにリスクを冒せる人がチャンスを手にする時代なのです」

日本にいながら中国ビジネスで儲ける今、アジアユニティを仮想して今すべきこと……


Q7 アジア全体がヨーロッパのように“アジアユニティ”として先頭に立つ時代を目指す中、10代のうちに備えておくべきことは何でしょうか?

「先日、北京に渡り、向こうのマスメディア6社の取材を受けましたが、日本の人材にはまだまだ活躍の余地がたくさんあると感じました。 チャンスをつかむには、今からでも英語、中国語を学ぶこと、グローバル感覚を身につけることです。 そして、商品開発をするにしろ、販売促進をするにしろ、最初からグローバルマーケットで売ることを前提に考えることです。
かつての中国の大富豪、胡雪岩はこう述べました。『もし君にひとつの都市を見る目があるならば、ひとつの都市で商いができる。 もしひとつの省を見る目があるならば、省規模の商売ができる。さらに天下を見る目があるならば、天下相手の商売をすることができる』。 今後のグローバルマーケットでの視野の広さは、即売上げにつながるのです」

最近の記事

  • ロアッソ熊本 期待の新戦力を直撃インタビュー
    巻誠一郎、岡本賢明、園田拓也
  • 熊本⇔デジタル 次世代を担う新リーダー緊急対談ッ!
    猪子 寿之×小野 泰輔
  • 熊本出身・バンクーバー在住の26歳。今、業界が注目するこの若者の正体は?
    Senna
  • ハリウッドロックスターweezer・リバース(Vo&G)が奇跡の来熊!
    Scott&Rivers
  • 和製ストーンズ?と評されても、間違いではないところまできた実力派バンド
    OKAMOTO’S
  • 今の時代を表すアイコンとなりうるか!?ニコ動でブレイクの歌手デビュー
    ぽこた
  • JFL時代を知る最古参3選手が真剣に熱く語る。
    福王×吉井×矢野 スペシャル対談
  • ソロ女性アーティスト?と意表をつくバンド名には、なんとヴォーカルの名をそのまま冠したという福岡発の
    “黒木渚”
  • 爆笑レッドカーペットなどにも出演し、ブレイクチャンスを狙う吉本興業の住みます芸人コンビ
    もっこすファイヤー
  • 2012グラミー賞ノミネートされた、世界に最も近い日系アメリカ人が九州の夜を襲撃!
    STEVE AOKI
  • 地元が誇るナチュラル・アーティストが待望の新作リリース! 音楽の本質を観た!
    東田トモヒロ
  • 細川元首相の知事時代の秘書にして、元・外資系銀行員が教える成功法則
    関下昌代
  • 今年結成15周年を迎えたロックバンド
    10-FEET
  • AKB48の公式ライバル、
    乃木坂46
  • 日本一小忙しいコンビ、
    トータルテンボス
  • 熊本の名ロックバンド、解散。
    タケル ex.鮫
  • 芸人以上の、芸人。
    チュートリアル徳井
  • 叶える、18〜23歳の365日過ごし方。
    土井英司
↑ページトップへ