月刊Bestピープル考。〜ヒトから見る、新たな向こう側〜


スペシャルインタビュー

STEVE AOKI
スティーブ・アオキ


◆PROFILE
マイアミ生まれ、カリフォルニア育ち、ハリウッド在住。DJ、音楽プロデューサー、DIM MAK RECORDSオーナーなど多肢にわたり活躍する大物スター。マイケル・ジャクソン、レニー・クラヴィッツ、少女時代などのリミックスも手がけた。また、レディー・ガガやジャスティスなどのデビューのキッカケを作ったり、世界中から原石を発掘するセンスもズバ抜けている。
公式サイトはコチラ

◆RELEASE

『WONDERLAND』
NOW ON SALE/1,800yen

全人類をダンスさせる最も旬なセレブDJが緊急来日!
九州初の取材奪取ッ! ありえん!!

知らない人のために補足すると、親父はエンタメ鉄板焼きで全米に展開する外食チェーン「BENIBANA」を手掛けアメリカン・ドリームを手にした資産家。
妹はヴェルサーチのモデルを務めるなどするスーパーモデル兼、映画『ワイルド・スピード』などに出演する女優・デヴォン青木。
そんなセレブファミリーのアニキは、今アンダーグラウンド界で最もクレイジーでクールかもしれない。
その証拠に、世界で最も権威ある音楽賞と言われるグラミー賞2012に、ナント最新作『WONDERLAND』がノミネート!
大ブレイク中のスクリレックスたちと肩を並べた。快挙である。


●今回のワンダーランドジャパンツアーはいかがでしたか?

日本でのツアーの中で、今回が1番よかったよ! 『WONDERLAND』をリリースして初めての日本だったし、オーディエンスのみんなも曲を知っててくれたしね

●福岡ライブの感想や、九州の街の雰囲気はどうでしたか?

オーディエンスが最高だった。もちろん福岡でも大好きなラーメンを食べたよ。屋台がたくさんあったりで、東京や大阪とはまた違う雰囲気だったね

●ライブ当日は、チェキカメラマン米原氏とハイテンションに絡んでました。彼のクリエイティブについての感想はいかがですか?

彼はおもしろいね!また一緒にやりたいよ!!

●スティーブサウンドは、音楽を通して世の中に何を伝えたいと思ってますか?

俺は世界中にいるファンに向けて音楽を作ってるんだ。世界に通用するもの。
この1年間かなり過密なスケジュールだったんだけど、300回以上のギグを世界でやっているし、自分の音楽がいろんな国の人に語りかけてくれることを願って作ってるよ。
常に他のアーティストとは違うこと、新しいことをやっていきたいしね。周りにあるもの全てからインスピレーションを受けて、僕らは最終的にはアートを作り出しているんだ

●リヴァース・クオモ(ウィーザー)、トラヴィス(ブリンク182)などとのコラボが新鮮でした! 2人との制作エピソードはございますか?

リヴァースは高校時代の俺のヒーローで、2ndアルバム『ピンカートン』は俺にとって今もベスト10アルバムの1枚なんだ。だから、ロックをウィーザー流に定義し直すというすごいことをやった彼のような伝説の人と、実際に一緒に仕事できるなんて信じられなかったよ。本当にハッピーだった。
あとリヴァースにとってこの曲は初のダンストラックだったと思うから、その点でもすごいクールなことが達成できたと思ってる。
そしてトラヴィスは、自分のアルバムで使おうとしていたキッド・カディのアカペラがのったボーカル部分を俺にくれたんだ。
俺はアカペラの部分を取り出して、その下にダブステップの曲を書き足して、さらにトラヴィス自身がクレイジーなドラムを足してくれたんだ。そしてカディ・ザ・キッドがやってきてマジックのような仕事をしてくれた!
カディはキッド・カディだった時からの長い付き合いで、トラヴィスも古くからの友だちなんだ。
いい曲、いい人間と仕事をするのはいつだって楽しい。もう1度言うけど、本当に俺はハッピーだと感じているよ。最初に俺が作ったダブステップは、カディとトラヴィスのおかげ

●アルバム内の『スティーブジョブズ』は、まさにアップルのジョブズへの追悼の思いだったんでしょうか?

本作は必ずしもクラブ向けに作ったものではないけど、その中の曲として狙ったのはクラブ・トラックだってことだね

●これからのエレクトロサウンドの未来は、どうなると予想してますか?

LMFAO(=米エレクトロポップデュオ)が新しいプラットフォームを作ったように、新しいシーン、新しいダンス、新しいエレクトロとかダブステップが、今後どんどん融合していくんじゃないかなぁ〜〜。
あとアジアの文化は世界的に注目されているから、そことの絡みも楽しみだよね

●では、アナタが今注目しているアーティストは?

俺のレーベル“DIM MAK”のアーティストかな(笑)。“Azari & III”のアルバムが発売されたばかりだし、ロシアの“Proxy”のアルバムもリリースされた。“DIM MAK”のコンピレーションももうすぐデジタルリリースされるし、ロンドンの“New Ivory”のアルバムも準備ができてる。
来年もエキサイティングなアーティストをどんどんリリースしていくからチェックしてくれよな!

●2012年にリリースされた楽曲で、No.1に良かったと感じた作品名とアーティストを教えて下さい

まずは、Beat down / Steve aoki and Angger Dimas ft Iggy Azalea!
そして次に、Ladi Dadi ft Wynter Gordon(Tommy Trash Remix) / Steve Aoki、
最後は、Singularity ft My Name Is Kay / Steve Aoki and Angger Dimasだな (笑)。ぜひ、熊本のみんなも聴いてみてくれ!


最近の記事

  • ロアッソ熊本 期待の新戦力を直撃インタビュー
    巻誠一郎、岡本賢明、園田拓也
  • 熊本⇔デジタル 次世代を担う新リーダー緊急対談ッ!
    猪子 寿之×小野 泰輔
  • 熊本出身・バンクーバー在住の26歳。今、業界が注目するこの若者の正体は?
    Senna
  • ハリウッドロックスターweezer・リバース(Vo&G)が奇跡の来熊!
    Scott&Rivers
  • 和製ストーンズ?と評されても、間違いではないところまできた実力派バンド
    OKAMOTO’S
  • 今の時代を表すアイコンとなりうるか!?ニコ動でブレイクの歌手デビュー
    ぽこた
  • JFL時代を知る最古参3選手が真剣に熱く語る。
    福王×吉井×矢野 スペシャル対談
  • ソロ女性アーティスト?と意表をつくバンド名には、なんとヴォーカルの名をそのまま冠したという福岡発の
    “黒木渚”
  • 爆笑レッドカーペットなどにも出演し、ブレイクチャンスを狙う吉本興業の住みます芸人コンビ
    もっこすファイヤー
  • 2012グラミー賞ノミネートされた、世界に最も近い日系アメリカ人が九州の夜を襲撃!
    STEVE AOKI
  • 地元が誇るナチュラル・アーティストが待望の新作リリース! 音楽の本質を観た!
    東田トモヒロ
  • 細川元首相の知事時代の秘書にして、元・外資系銀行員が教える成功法則
    関下昌代
  • 今年結成15周年を迎えたロックバンド
    10-FEET
  • AKB48の公式ライバル、
    乃木坂46
  • 日本一小忙しいコンビ、
    トータルテンボス
  • 熊本の名ロックバンド、解散。
    タケル ex.鮫
  • 芸人以上の、芸人。
    チュートリアル徳井
  • 叶える、18〜23歳の365日過ごし方。
    土井英司
↑ページトップへ