TOP 》 作品紹介・上映映画館

ウトヤ島、7月22日  公式サイト[http://utoya-0722.com/]

イメージ
(c)2018 Paradox
ウトヤ島での無差別銃乱射事件の発生から終息に至るまでの72分間をワンカットで撮影した衝撃作。
2011年7月22日、ノルウェーの首都オスロの政府庁舎前で、車に仕掛けられていた爆弾が爆発する。世間が混乱する中、今度はオスロから40キロ離れたウトヤ島で銃乱射事件が起こり、同地でノルウェー労働党青年部のサマーキャンプに参加してた、10〜20代の若者たちが犠牲になった。
犯人は、ノルウェー人のアンネシュ・ベーリング・ブレイビクという32歳の男で、極右思想の持ち主であるブレイビグは政府の移民政策に不満を抱き、テロを計画。政府庁舎前の爆弾で8人、ウトヤ島の銃乱射で69人と、単独犯としては史上最多となる77人の命を奪った。
映画は同テロ事件のうち、ウトヤ島での惨劇に焦点を当て、サマーキャンプに参加していた主人公の少女カヤの視点から描く。
洋画
  • 制作年:2018年
  • 制作国:ノルウェー
  • 上映時間:97分
  • 監督:エリック・ポッペ
  • 出演:アンドレア・バーンツェン
    エリ・リアノン・ミュラー・オズボーン
    ジェニ・スベネビク
    アレクサンデル・ホルメン
    インゲボルグ・エネス

4月26日(金)の上映スケジュール

映画館へ直接お問合せ下さい。
ページ上部へ